子供が加害者になるかも|オプションを追加することでより安心できる富士火災の 火災保険

オプションを追加することでより安心できる富士火災の 火災保険

男性たち

子供が加害者になるかも

book

自転車に乗る子供

子供がいつも被害者とは限りません。子供が加害者になることもあるのです。それは自転車に乗って誰か傷つけてしまった場合です。子供用の自転車であってもスピードに乗って人にぶつかれば自身も相手も無事では済みません。怪我をさせたり、最悪打ち所が悪ければ死亡してしまうこともありえます。そうなればその子は加害者ということになります。被害者に与えてしまった損害は、子供のしたことだからと言って免除されることはありません。結局、保護者がその責を追わなくてはなりません。そんな時、自転車保険加入が役に立つわけです。自転車保険加入により自身の治療費や相手の治療費、その他にもものの破損といった損害に対して補償を受けることが出来るので、いざという時とても頼りになります。

自転車保険の種類

自転車保険加入と言っても、厳密には自転車保険といった自転車限定の保険商品というのはありません。自転車を含む乗り物による傷害を補償する「傷害保険」と、相手やその持ち物などに与えた損害を補償する「個人賠償責任保険」をセットにしたものが便宜上自転車保険と呼ばれています。自転車に乗っているときに起こりうる損害に対応する傷害保険の一種として、通常は自転車事故を含む傷害保険の一タイプか、自動車保険や火災保険の特約の一部として取り扱われています。なので、親の自動車保険や火災保険に特約として追加していれば、子供の起こした自転車事故は補償を受けることが出来ます。そう言った特約がなくても、自転車の盗難保険とセットしたものやクレジットカードどの保険に含まれたものなど様々な形態の保険が出回っていますので、自転車保険加入の際は補償内容やポイント特典など自分にあったものを選ぶのも良いでしょう。